株の基礎の最近のブログ記事

株のデイトレード

最近よく聞くデイトレードという言葉。

デイトレードとは1日で行う株売買のことです。
しかもデイトレードを行っているのはプロとは限らないのです。
仕事で株売買を行う人を「プロ」と呼ぶならデイトレードを行っているのは「プロでない人」たちです。つまり素人ですね。
しかし、この言い方も正確ではありません。なぜならデイトレードをやっている「素人」の人たちはデイトレードで生活をしている人が多いからです。

基本的には「株を買って」「その株を売る」を1日の間で完結させるのがデイトレードです。たまに翌日以降まで持ち越すこともありますが、それでも短期間で売買を終えます。

では、デイトレードで本当に生活できるほど儲かるのか? と言いますと大方の人はできていません。中には大儲けしている人もいますが、ほんの一握りの人たちです。

株のベテランの人たちは「株売買は趣味程度でやるほうが正解である」と考えていますが、そのように考えてやるほうが健全です。健全な株売買は頭の体操にもなりますし、経済の勉強にもなります。

それに良心的な株評論家は長期の株売買を勧める人が多いのです。一企業の株価が上がるか下がるかは誰にもわかりませんが、経済社会の流れはある程度予想できるからです。

思い出します。初めて株を買ったときのドキドキ感を...。あなたにもドキドキ感を感じてほしいものです。

最後に有名な言葉を紹介しましょう。

「市場は短期では間違うことがあるけれども長期では間違わない」

株価予想法

「株を始めた」はいいが、横文字が多くて....
そんな悩みをお抱えの方も多いと思います。

日本人なのになんでこんなにローマ字やカタカナに接しなければならないのか?
ファンダメンタル、チャート、ゴールデンクロス、PER、PBR などなど...。

でも株をやればやるほど重要性がわかってくるんですよ。
ここは一つ株で儲けるために我慢ということで。

株価を予想する方法には企業の業績から予想する方法と株価の動きから予想する方法の二通りがあります。
前者をファンダメンタル分析、後者をテクニカル分析と言います。

ファンダメンタル分析によく出てくる横文字はカタカナよりもローマ字です。
例えば1株利益を表すPERや会社を解散したときに赤字になるかどうかを表すPBRなどはよく使われるファンダメンタル指標です。

テクニカル分析ではローソク足を使ったチャート分析がよく知られています。
ローソク足とは一日の株価の動きを表したものですが、ローソク足を使って株価の動きを予想する分析です。

今紹介した分析法は株をやる人の基本的な分析法ですが、「横文字が苦手」という方はこれらを全く無視しても構わないと思います。

いろいろな分析法がありますが、どれをとりましても実のところ猿が選んだものと大して「差がない」とも言われているのです。

ならば、あなたは自分の納得できる方法を編み出したほうがよいのです。
もし損をしてもあなたのお金なのですから誰にも迷惑はかけていないからです。

信用取引

初心者が株売買をある程度経験しますと段々と物足りなくなってきます。
この心理は私も経験がありますからわかります。
しかし、お金持ちではない普通の人は簡単に百万円単位を株のために用意することはなかなかできません。

そのような方のために信用取引はあります。

信用取引は少ない資金で大きな株売買ができる方法です。証券会社に委託保証金という資金を預けることによってその数倍の取引きができます。
つまり信用取引とはお金や株を借りて株売買をすることです。

信用取引には「一般信用取引」と「制度信用取引」という 2つの取引きがありますが、「制度信用取引」は「一般信用取引」に比べ証券取引所からいくつかの制限を課せられています。

例えば、「制度信用取引」では
・6ヶ月以内に決算をしなければならい
・銘柄(制度信用銘柄)
が証券取引所によって決められています。

信用取引と現物取引との最も大きな違いは「売りから入れる」ことです。
普通の株売買は株を買って株が上がることを期待するわけですが、「売りから入る」ということは株を借りてその株が下がることを期待することです。これを「信用売り」と言います。
「信用売り」は株価が下降しているときでも儲けることができる方法ですが、最も危険である取引きでもあります。

「信用売り」は買ったときより株価が下がったときにその差額が儲けになりますが、逆に株価が上がったときは損失になってしまいます。

例えば、株を買った場合はその株価が最悪ゼロになっても投資した金額以上は損をすることはありません。しかし信用売りの場合は株価が上がり始めたとき無限になる可能性もあるのです。

つまり最悪の状態がどこまで続くかわからないことが最も危険である理由です。
初心者のうちは信用売りは慎重にすべきものだと考えます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち 株の基礎カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは株の用語です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。